売上記録帳プラグイン

イメージ画像売上の記録を顧客情報や案件情報と関連付けて登録し、月ごとや日ごとの推移を確認・共有するためのアプリです。

金額だけでなく営業活動の履歴も記録できるので、ノウハウが共有され、引き継ぎ作業もスムーズになります。

顧客管理 (CRM) プラグインで登録した顧客データ(マスター登録データ)と連携可能です。取引先や担当者のページに過去の売上記録を一覧表示したり、内容をすばやく確認したりできます。

売上の登録(売上記録記事の投稿)

登録/編集フォームでは、日付、社内担当者、金額、取引先の名称や担当者、カテゴリーなどを記入・選択します。

  • カテゴリーの選択項目は、プラグイン設定でお好みの内容に変更できます。
  • フォーム右上のドロップダウンからテンプレートを利用できます。
  • 画像や文書ファイルを添付できます。

投稿編集フォーム

投稿された売上記録には、コメント、タスク、予定などを追加できます。(例えば、経理係に宛てて「売上を会計に入れる」というタスクを登録できます。)

投稿された売上記録の例

売上記録の表示

投稿された売上記録の記事は、ダッシュボードやタイムラインに表示されます。

さらに便利にするには、スペースの設定で [売上記録] タブを表示するようにしましょう。この [売上記録] タブ内では、売上記録だけのタイムライン、月次カレンダー、月次リスト、月次集計が利用できます。

画像

売上記録のカレンダー

下図は、売上記録のみを表示するカレンダーの例です。日付や曜日から売上記録をすばやく確認できます。

カレンダー表示

売上記録の集計

棒グラフや円グラフ、また一覧表(テーブル)で月ごとの売上の傾向や詳細を確認できます。

ユーザー名、円グラフの扇、一覧表のリンクをクリックすると、クリックされた内容で絞り込み(フィルタリング)されます。

売上記録の集計画面

顧客管理 (CRM) プラグインとの連携

顧客管理 (CRM) プラグイン がインストールされている場合、マスタ登録した顧客データを投稿/編集フォームの「取引先の名称」と「取引先の担当者」フィールドから参照し、売上記録を顧客データと関連付けられます。

CRMのマスタ登録データを参照

投稿した売上記録記事は、顧客管理 (CRM) の「取引先記事」と「名刺記事」の「売上記録」セクションに表示され、特定の取引先や名刺情報から過去の売上の関係がすぐにわかるようになります。

取引先の売上記録のセクション

関連記事

顧客管理 (CRM) プラグイン ... 取引先、名刺、案件の情報をマスタ登録し、お客様に対する「やったこと、わかったこと、次にやること」をチームで共有し、顧客満足度や営業活動の向上を図るためのアプリです。

顧客管理 (CRM) プラグインの英語(米国)対応版 ... 日本だけでなく英語環境(米国)でも使用可能です。

「書かない日報」ソリューションの特設紹介サイトをオープン ... 当プラグインを含むいくつかのプラグインと便利な設定を組み合わせて、日報共有パッケージとしてリリースしました。

カテゴリー メモ プラグイン ... 取引先、名刺、案件に関係する、商談、議事録、問い合わせ、クレーム、不具合報告など、いろいろな情報を投稿するためのプラグインです。

議事録プラグイン ... 議事録用のフォームが利用できるようになるプラグインです。会議の内容を共有するだけでなく、コメントやタスクとして次のアクションを起こすこともできます。

商談メモ プラグイン ... 商談の日時、内容、参加者などを記録し、次のアクションを登録するためのアプリです。フォームには商談の報告に必要な入力欄が用意されており、記入漏れを防ぐことができます。

顧客案件管理プラグイン ... 顧客情報と関連案件の進捗管理をしやすくするためのフォーム集アプリです。

日報プラグイン ... 案件に関連する日報を投稿できます。

プラグイン拡張機能 ... TeamPageのいろいろなプラグインを紹介します。

ダッシュボード機能 ... チームやユーザーの活動状況がリアルタイムで反映される「壁新聞」で、チームの情報共有や状況共有を進めましょう。

チームのコラボレーションを促進するタスクトラッキング ... 自分やチームメンバーのアクション プラン、状況、仕事量、各メンバーの進捗、チーム全体の進捗を簡単に確認することで、共通のゴールに向けた各種活動をスムーズに進められます。

ソーシャルグラフ、インタレストグラフ、そしてワークグラフ ... TeamPageの「ソーシャルグラフ」のモデルを使って、業務の効率化や他システムとの連携について紹介します。

フロー型とストック型の「いいとこ取り」をするには ... リアルタイムの会話に向いているとされる「フロー型」のツール。繰り返し読んだり引用したりと後から活用しやすいとされる「ストック型」のツール。両者は二者択一のものと言われることもありますが、しかし、TeamPageは、フロー型としてもストック型としても使えるように設計されています。

Page Top